ソフトテニス医科学研究会のホームページ

ようこそ ソフトテニス医科学研究会へ...

since 03.03.14

ソフトテニス医科学研究会は
指導者、選手および研究者がそれぞれの立場から
意見交換ならびに討議を行うために発足した研究グループです。



研究会に対する要望や意見は事務局までお寄せください。
メール(stss@htc.nagoya-u.ac.jp)でもご意見・ご要望をお受けします。


<現在のソフトテニス医科学研究会の活動について>



現在、ソフトテニス医科学研究会は大きく以下の3つの柱で活動を行っています。

1.サポート活動

ソフトテニス医科学研究会

2.情報提供並びに教育的活動

3.研究活動

具体的な活動内容についてご説明しますと、

1.サポート活動について

1)ナショナルチーム選手への医科学的サポート

詳しくは第3回ソフトテニス医科学研究会抄録集;32-33,をご参照下さい。

2)その他のソフトテニス選手へのサポート

現在、ソフトテニス医科学研究会ではソフトテニスの医・科学ネットワークづくりを行っています。ネットワークづくりの目的は、ソフトテニスに関わる医科学研究者並びに選手、指導者等の連絡網を作り、互いの連絡並びに必要な情報の交換がよりスムーズになるような体制を作ることです。現在、医師、歯科医師をはじめ研究者、指導者、コーチ、選手、アスレチックトレーナー、一般愛好者など大学生から一般社会人まで男女合計約50名が登録しています。現在は特にデューティーはありません。

必要な時にネットワーク登録者間で自由に連絡を取り合って頂けるよう名簿を作成するとともに、協力することにご承諾頂いた方々に必要に応じて様々な疑問・要望に答えていけるよう情報の提供、橋渡し並びに援助等をお願いできるようしてあります。

参加ご希望の方はソフトテニス医科学研究会事務局へのご連絡またはインターネットでのアクセスをお願いします。

詳しくは第3回ソフトテニス医科学研究会抄録集;34をご参照下さい。

3)サポートスタッフの育成

上記の内容に該当するスタッフへの参加希望者に適切な研修、資格の取得のための援助を行っています。

4)その他

インターカレッジ等の大会でトレーナーズテントを開設しています。


2.研究活動について

1)競技力向上に関する研究の推進

JOCの委託により日本体育協会等との協力でソフトテニスの競技力向上に関する研究を推進しています。これまでの研究テーマについては付記致しました研究報告等の一覧をご参照下さい。

2)研究者の育成

医科学ネットワーク参加者の協力で、若手研究者の研究の推進を援助しています。

3)その他

その他の研究組織(例えば日本テニス学会等)との連絡を取り、その活動の交流を図っています。また、定期的にソフトテニス医科学研究会を開催し、その情報交換を行うとともに、自己研鑽の機会を提供しています。


3.情報提供並びに教育的活動

1)ソフトテニス医科学研究会の開催

定期的にソフトテニス医科学研究会を開催し、一般への情報提供並びに教育セッションを設けています。

2)ホームページの開設

詳しくは第3回ソフトテニス医科学研究会抄録集;34をご参照下さい。

3)その他

日本体育協会が毎年発行しているスポーツ医・科学研究報告書にその研究成果を発表しています。詳しくは付記致しました研究報告等の一覧をご参照下さい。また、現在計画中ですが、今年から学連その他を対象にコンディショニングセミナー等を企画し、実施する予定です。


ソフトテニス医科学研究会の事務局

〒272
市川市国府台2−8−30 東京医科歯科大学 教養部
保健体育学研究室 水野哲也
Tel:0473-72-1136(ex77)
Fax:0473-74-0630

ソフトテニス医科学研究会に対する協力金

協力金の使途:研究会の準備運営にあてる
協力金の申し込み先:上記事務局
協力金の支払方法
三菱銀行 市川支店
普通預金口座 0811199
口座名義
ソフトテニス医科学研究会事務局 幹事 水野哲也

ソフトテニス医科学研究会の実行委員会名簿

last modified 98.10.13