特別講演

9月12日(木) 13:45-14:30 431教室

Sport Biomechanics in a New Century
   − The Promotion of Biomechanics in Movement Evaluation −


Professor Bruce Elliott
(The School of Human Movement and Exercise Science,
The University of Western Australia)

Professor Bruce Elliottの紹介
ブルースエリオット博士はSchool of Human Movement and Exercise Science, University of Western Australiaの教授で、1991年から2001年の長きにわたりその学部長を務めた。スポーツバイオメカニクスのオーソリティで140編以上の審査論文、10冊の著書、23冊の分担執筆著書がある。International Society of Biomechanicsの理事、Australian Sports Medicine Federationのフェローなど、多くの学術団体の役員も務めている。
International Society of Biomechanics, The IOC World Congress on Sport Sciences, Medicine and Science in Tennisなど多くの国際学会で招待講演を行ってきた。またInternational Society of Biomechanics in Sports の最も栄誉あるGeoffrey Dyson Awardを1989年に受賞した。1999には 第5回 IOC World Congress on Sport Sciences の大会会長、また2000年のシドニーオリンピックではIOC医事委員会研究プロジェクトのチーフコーディネータを務めた。

ブルースエリオット博士には「Sport Biomechanics in a New Century− The Promotion of Biomechanics in Movement Evaluation」と題して講演をお願いした。「バイオメカニクスは重要であるということをわれわれバイオメカニスト自身が明確に示せない限り、バイオメカニストは21世紀において『絶滅危惧種』となるかもしれない」という一文で氏の講演の抄録は始められている。International Society of Biomechanics in Sportsの次期会長でもある氏は、今後のバイオメカニクスの方向性を論議していただくのに最も相応しい人物といえよう。

講演要旨