研究領域・業績

Research



体育・スポーツ心理学/運動学習科学

  1. 著書
    • Y. Yamamoto, M. Okumura, K. Yokoyama, A. Kijima (2016) Interpersonal coordination in competitive sports contexts: Martial Arts,Passos P., Chow J.Y., Davids K. (eds.), Interpersonal Coordination and Performance in Social Systems, Routledge
    • 中込四郎・伊藤豊彦・山本裕二(編著)(2012)「よくわかるスポーツ心理学」,ミネルヴァ書房
    • 水野哲也・山本裕二(編著)井箟敬・工藤敏巳・杉山貴義(2008)「考えて強くなるソフトテニス・トータルデザイン」,大修館書店
    • 山本裕二(2007)「スポーツ心理学:からだ・運動と心の接点」,(中込・山本・伊藤)pp. 13-96. 培風館
    • 山本裕二(2006)「ダイナミカルシステムアプローチからみた運動行動」,運動行動の学習と制御(麓編) pp. 203-213. 杏林書院
    • 山本裕二(2005)「複雑系としての身体運動―巧みな動きを生み出す環境のデザイン―」,東京大学出版会
    • 山本裕二(2001) 「安定性にもとづく動きの可能性」運動心理学の展開(調枝孝治先生退官記念論文集刊行会編)pp. 132-145. 遊戯社
    • 山本裕二(2000) 「全身協応運動の獲得-"Motor vs. action"論争をふまえて-」スポーツ心理学の世界(杉原,船越,工藤,中込編)pp. 12-26. 福村出版
  2. 訳書
    • 山本裕二(2008)「第10章 ジュニアスポーツにおける熟達:知識と技能の関係」,(市村・杉山・山本監訳)ジュニアスポーツの心理学,pp. 139-155. 大修館書店
    • 山本裕二(2007)「第3章 質的分析における感覚と認知の役割,第7章 介入指導:パフォーマンス向上のための方略」,(阿江監訳)体育・スポーツ指導のための動きの質的分析入門,pp. 39-74, 127-148. NAP

  3. 運動制御・学習過程の検討

  4. スポーツ選手のメンタル・トレーニング(関連書籍の紹介へ)
    • 自己成長につながるトレーニング論

      • 竹之内隆志・奥田愛子・山本裕二(1997)「発達段階における運動経験が大学期のパーソナリティに及ぼす影響」東海保健体育科学,19,13-23.
      • 選手とコーチのためのメンタルマネジメント・マニュアル(1997),JOC・日本体育協会監修,265-302,329-354,大修館書店

  5. ソフトテニスの科学
    • ゲーム分析

      • T. Kudo, Y. Yamamoto, H. Shinohara, & R. Kudo(2017)"State transition probability as the prediction clue of the course of a struck ball", Advances in Physical Education, 7, 343-353.
      • 山本裕二・池上康男・工藤敏巳・川口純子(1997)「ソフトテニスにおけるゲーム中の動きの分析方法」総合保健体育科学,20-1,35-43.
      • 工藤敏巳・千葉智則・山本裕二(1997)「ルール改正がソフトテニスの運動強度に及ぼす影響」宮城学院女子大学研究論文集,85,85-97.


戻る
最終更新日:10.04.13